郵便配達のバイト(期間雇用社員)でして

50代のオッサン。3年前に日本郵便(JP)集配営業部へ期間雇用社員(バイト)として入社。雨の日も晴れの日も配達している。

国家による情報集約化で悪質クレーマーの根絶を!

どうやら悪質クレーマー対策に国が乗り出したようだ。

 

www.sankei.com

 

郵便局にも毎日、不着申告(ハガキが届きませんとか)や誤配申告(間違って郵便が届いてるぞ)がある。

 

当然、こちらが悪いのだから謝るのだが、それにしたって・・・という申告もちょいちょい来る。

 

我が班の担当区にも有名な超絶クレーマーじじいがいて、ささいなことで「局長を出せ」と言ってくる。

 

いやいや、切手が少し汚れているぐらいで局長は出せないわけで、班長が行くのだが、そうなると班長はその人に2時間ぐらい拘束されることになるのが常。

 

そう、年がら年中、何かにつけてクレームを付けてくるのだ。

 

局内でも有名なクレーマーなのだが、日本郵便は個人の飲食店とは違うので「出入り禁止」には出来ないのがつらい。

 

私も一回捕まって罵詈雑言を浴びせられたことがあるのでわかるのだが、本当に萎える。さすがに私もいい歳なので仕事を辞めようとは思わないが、若かったらあまりの辛さに辞めてしまったかもしれない。

 

いや、思わずぶん殴ってしまったかもしれない。

 

それぐらいムカつくモンスターだ。

[スポンサーリンク]  

 

で、思ったのだが、このジジイ、話しているとこちらへの詰め具合がとっても手慣れている。おそらくうちにだけでなく、ヤマトさんや佐川さんにも同じようにクレームを付けているに違いない。

 

配達業者だけでなく、近所のスーパーやコンビニ、ファミレスや飲食店にもきっと面倒なクレームを付けているに違いないと思うのだ。

 

近所だけでなく、AmazonNHKなどにもクレームを付けている可能性が高い。

 

そうなると、日本中のあちこちの社員の気分を萎えさせている面倒な客ということになる。

 

そこで、今回ニュースになったような取り組みに期待したい。

 

 

日本郵便ヤマト運輸、佐川急便、スーパーマーケット、コンビニ、ファミレス、飲食店などから悪質クレーマーだという申告が集まればさすがにこの人は頭がおかしいんじゃないかという判断も出来るだろう。

 

こうゆうときこそマイナンバーでがっちり情報を集約して、個人を完全に特定。そして、今回作る機関がその人の元へ行き、「じじい、ちょっと黙ってろ! 次にどっかの企業から連絡があったら刑務所か精神病院に送るぞ!」

 

ぐらいのことを言ってくれたら超うれしい。

 

ほんと、これぐらいのことやってくれ。多くの企業が助かると思う。

 

たった一人のクレーマーのせいで、どれほど多くの企業に無駄な作業が増えたことか・・・。

 

マジで書いている今もムカついて仕方がない。早く老衰で死ねばいいのにと思う。あ、引っ越してくれてもいいぞ。